映画。響の登場人物とキャストは?原作まんがの続きは何巻から?

スポンサーリンク

放映前から映画 響-HIBIKI-が話題になっています

 

圧倒的な文才を持つ15才の少女「響」。

彼女の才能を軸にして、周囲の人々の葛藤や心の変化などを描いたヒューマンドラマ。

 

主人公の鮎喰響は若干15才にして、圧倒的な文才を持ち、活字離れで不況の文学界に革命を起こす。

しかし、響は普通じゃなかった!!

彼女は自分の信じる生き方を絶対に曲げない。

響の取る行動によって、彼女を取り巻く周囲の人々に影響を与え価値観をも変え始める!

マンガ大賞2017大賞受賞作品待望の実写映画化!

原作は柳本光晴さんの「響~小説家になるには~」(小学館「ビッグコミックペリオール」)です。

この記事では「映画 響-HIBIKI-」のキャスト一覧・相関図と登場人物を紹介していきます!

 

響 小説家になる方法の映画感想はこちらです

響。映画の結末とネタバレ。感想とあらすじ。面白いかつまらないか評価は

スポンサーリンク

映画 響-HIBIKI-の原作まんが。続きは何巻から?

8月7日に小学館から脚本のノベライズ本が発売されていました。

原作マンガでいうと、1巻から5巻までの内容とのことです。

 

6巻以降が続きになりますね。

FODなら、まんがを無料または定価の半額以下で読める場合もあります。

FODでまんがや雑誌を無料で読む方法は?スマホアプリはある?

映画 響-HIBIKI-の登場人物とキャスト【主役級】

鮎喰響を演じているのは平手友梨奈

圧倒的な文才を持つ女子高校生。

絶対に曲げない性格で、自分の信念と反する相手には攻撃的になることも。

平手友梨奈さんといえば、欅坂46でセンターを務め、若者から絶大な人気を得ています。

平手さんのパフォーマンスは憑依ダンスとも言われ、魂のこもったパフォーマンスはとても魅力的です!

音楽番組で、平井堅さんの歌う曲に合わせて平手さんがパフォーマンスを披露したのが話題になりました。

平手さんの感性でどんな響が生まれるのが楽しみです!

花井ふみを演じるのは北川景子

響が作品を送った出版社の文芸編集部に勤務する。

響の常識はずれな行動に振り回されながらも、響を支える。

北川景子さんと平手友梨奈さんは、同じシーンが多く、平手さんは、北川さんをお姉さんのように慕っていたそうです。

二人の息の合った演技が楽しみですね!

映画 響-HIBIKI-の登場人物とキャスト【北瀬戸高校】

祖父江凛夏を演じるのはアヤカ・ウィルソン

響が入部する文芸部の部長。

日本を代表する作家、祖父江秋人の娘。

自身も小説家を目指す。

アヤカ・ウィルソンさん、2008年公開の「パコと魔法の絵本」で主役を務め人気子役として話題にました!

当時の面影を残したまま、とってもキレイになりましたよね!

響の才能を前に、小説家志望の凛夏が物語にどう絡んでくるのか楽しみです!

椿涼太郎を演じるのは板垣瑞生

響の幼なじみ。響とともに文芸部に入部。

響に思いを寄せる。

板垣さんはボーカルダンスグループM!LKのメンバーです。

「花燃ゆ」や「精霊の守り人」など話題作にも出演していました。

田中康平を演じるのは柳楽優弥

響と同じタイミングで木蓮新人賞を受賞した青年。自信家で世の中を斜視している。

響に挑発的な態度をとる。

柳楽さんといえば、映画「誰も知らない」で弱冠14才にして、カンヌ国際映画祭男優賞を受賞したのがとても話題になりましたよね!

個人的には柳楽さんが、♪フフフンにはいろっかな♪と口ずさむCMが好きです(笑)

鬼島仁を演じるのは北村有起哉

過去に芥川賞を受賞し、現在はメディア露出も多い作家。

一癖ある役がピッタリな北村さん。

なんだか怪しい…って役を演じたらピカイチだと思います!

プライベートでは子煩悩っぷりがブログに綴られています。

ギャップがステキです!

祖父江秋人を演じるのは吉田栄作

ヒット作を次々に生み出す世界的人気作家。

響の作品は他の作家同様注目している。

響が入部している文芸部の部長凛夏の父親。

山本春平を演じるのは小栗旬

芥川賞を狙う青年作家。

デビュー作で芥川賞にノミネートされるが、受賞には至らず、その後も中々受賞には至っていない。

小栗さん、少し伸ばした髪も相まって、作家役ステキですよね!

どんな役もガラッと変えて演じ分ける姿はさすがです!!

映画 響-HIBIKI-の登場人物とキャスト【編集者・記者】

神田正則を演じるのは高嶋政伸

「木蓮」の編集部編集長でふみの上司。

自分の利益になることを最優先に考え動く男。

高嶋政伸さん、かなり癖のある役が多いですが、今回はどんな風に演じるのか楽しみです!

藤野弘を演じるのは小松和重

山本の担当編集者。

大坪正人を演じるのは黒田大輔

小論社の編集者。花井ふみの先輩。

矢野浩明を演じるのは野間口徹

週刊誌記者。木蓮新人賞授賞式をきっかけに、響を執拗に追及するように。

名脇役の野間口さん、主張が激しい演技ではないのに、何故か印象に残る俳優さんです。

今回は、週刊誌の記者役からなので、トコトンしつこく、イヤーな奴を期待したいです!

まとめ 映画 響-HIBIKI-の登場人物とキャスト一覧まとめ

映画 響-HIBIKI-の登場人物。キャスト一覧まとめを紹介しました。

スマートフォンやSNSの普及で、活字離れが急速に進み、不況の一途を辿る文学界。

実際に、紙をめくって本を読むよりもスマートフォンをスクロールする事が多い日常を振り替えってみると、ストーリーがやけにリアルに感じます。

それと、響の信念とはどんなことなのか、そんな響に影響されて周りはどう変わっていくのかとっても気になります

他にも

  • 初出演にして初主演の平手友梨奈さんがどんな響を見せてくれるのか。
  • 響と凛夏の殴り合いや、響の蹴りなどのアクションシーン

など、かなり期待してしまいます

響に跳び蹴りを受けるのは、記者役の野間口さんと鬼島役の北村さん。

完成披露試写会でこのシーンについてお二人がお話しされていましたが、かなり期待出来るシーンなっているようです

楽しみです

 

原作の作家、柳本さんはこの作品をもしアニメ化ドラマ化する事があったら全て平手さんに演じて欲しいというラブコールがあるようなので、響になった平手さんをスクリーンで見るのが待ち遠しいです!

9月14日(金)ロードショーです。

 

以上、「映画 響-HIBIKI-の登場人物。キャスト一覧まとめ」でした。

 

響 小説家になる方法の映画感想はこちらです

響。映画の結末とネタバレ。感想とあらすじ。面白いかつまらないか評価は