3月うさぎの意味は?半分青いの帽子屋は不思議の国のアリスが元ネタ?

スポンサーリンク

3月うさぎがどういう意味なのかを紹介します

 

朝ドラの半分青いで不思議な国のアリスから取ったんだとキムラ緑子さんから説明ありましたね

 

朝ドラの半分青いで主人公の鈴音が100円ショップでバイトをはじめます

大納言というお店の名前なんですけど

これは元々は

  1. キムラ緑子
  2. 麻生祐未
  3. 須藤理彩

 

3人のおばさん達が3月うさぎという帽子屋をやっていたんですね

この帽子屋がで月に3個しか帽子が売れなくなって閉店を余儀なくされる

で、フランチャイズの大納言という100均チェーン店を始めたっていう話になってます

 

 

ゆっこ
ゆっこ

この100円ショップ編が猛烈につまらなくなったっていうお話は前にしたんですけど

今回3月うさぎっていう名前の意味を知って

初めて
面白い深い内容なのかもしれないと思いました

 

スポンサーリンク

不思議な国のアリスの3月うさぎとは?

 

脚本の北川悦吏子さんも不思議な国のアリスからとだと明言してますね

すずめちゃんは不思議な国の世界に迷い込んだっていうイメージなんですね

すずめちゃんはアリスだったんです

 

以下は知恵袋にあった回答

「3月うさぎ」とはルイスキャロル不思議の国のアリスの中に出てくる、少し頭のおかしいキャラクター

 

3月うさぎは原画なんですかね

ちょっと白目むいちゃってます

 

ツムツムにもいるのが面白いですね

 

このキャラクターの由来は、英語の慣用句「三月のうさぎのように気が狂っている」“mad as a march hare”を擬人化したものと言われています。

hare(ヘア)っていうのが野うさぎって意味なんですね

ラビットしか習わない!

 

当時、三月は野うさぎの発情期の始まりで気が違ったように見えるという説があった

犬とかも発情期になると人形とかにもガンガン腰振りまくりますから頭おかしいですよね

人間も15歳から18歳くらいまでは発情期ですね( *´艸`)

 

半分青いがつまらなくなった理由はナンセンス文学に変わったからだった

半分青いの100円ショップ編は不思議な国のアリスだったんですね

だから「3おばの意味が分からないテンション」っていうのが北川悦吏子さんの狙いだったんだとわかりました

 

というのも3月うさぎが不思議な国のアリスに出てくるキャラクターですから

元々は英語で気が狂ってるっていう意味

気が狂ってるようなキャラクターとして演じられます

しかもお茶会なんかをしてる

不思議なアリスといえばもう訳の分からないお茶会のシーンがありますから

 

ゆっこ
ゆっこ

100円ショップ編に出てくる3人のおばさんとか田辺さんっていうのは不思議な国のアリスに登場してくる人物たちのようなんだな、と思いました

 

私が半分青いがつまらなくなった

駄作になったって言ってる理由はですね

本当に3人のおばさんたちのテンションが意味が分からないからだっていう風にお話ししてたんです

 

半分青いは駄作になって面白くない?Twitter感想まとめ
半分青い 漫画家編が終わって、100円ショップバイト篇になってから、「面白くなくなった」という意見がたくさん出てきています 確かにここ最近の半分青いはひどい 私もの第1話から毎日欠かさず見ているんですけれど...

 

つまりナンセンスていうのがそもそもの主題にあるんですね

このナンセンスなおとぎ話がいきなり始まったもんだから

半分青いつまらなくなったっていう風に言われる

 

今までは少女まんがのような恋愛物語・成長物語だったのに

急にナンセンスなおとぎ話に変わった

っていうのが

多分今回の半分青いがつまらなくなったと言われるものの正体なんだと思います

 

半分青いは、不思議な国のアリスのようなナンセンス文学だ

 

こう考えると、つまらないと言われる100円ショップ編も、面白い話に感じられるようになるはずですっ!

 

半分青い涼ちゃんはダメでクズ?間宮祥太朗が最低でヤバイと評判
半分青いのスズメの夫である涼ちゃんこと森山涼次がやばいと評判になってますね ゆっこ 仕事はしてねーわ 人からもらった金を平気で使い込むわ 大事なことは何一つ言ってないわ 森山涼次...

 

半分青いの見逃し動画は、U-NEXTという動画配信サービスで視聴できます。
今すぐ動画を観たい人は、こちらをどうぞ↓↓

U-NEXTで半分青いを視聴する方法