検察側の罪人の登場人物とキャスト一覧は?木村拓哉と二宮和也出演

スポンサーリンク

映画『検察側の罪人』が大ヒット公開中です!

木村拓哉さんと二宮和也さんの共演が話題を呼んでいますね!

原作は『犯人に告ぐ』で知られる雫井脩介さんの同名小説で、社会的な司法ミステリーとして高く評価されています。

初共演となる木村さんと二宮さんを始めとして、魅力的なキャストが多く出演するこの映画の登場人物とキャストを見ていきましょう!

 

感想やネタバレ。面白いか面白くないかはこちらです。

検察側の罪人は結末がわからないから面白くない?映画あらすじのネタバレと感想

検察側の罪人の原作小説の最後が難しい。ラスト結末の違いと感想

スポンサーリンク

映画『検察側の罪人』の登場人物とキャスト一覧

映画『検察側の罪人』の登場人物とキャスト一覧【主人公】

最上毅は木村拓哉

本作の主人公、エリート検事の最上毅を演じるのは木村拓哉さん。木村さんと言えば『HERO』シリーズでも検事役を演じていましたね!『HERO』とは違い、今回演じる最上は昇進間近のエリートという事で服装もラフではなくスーツをビシッと着こなしています。

主演作、ヒット作をあげればキリがないほど俳優としてのキャリアを積んでいる木村さんはこれまで21もの職種を演じてきたそうです!今回は検事という過去にもやったことのある職種の役ですが、今までとは違った検事に挑戦する木村さんを見ることができそうです!

沖野啓一郎は二宮和也

尊敬する最上と同じ部署に配属されたばかりの若手検事、沖野啓一郎役には二宮和也さんがキャスティングされました。この二人の配役の「先輩後輩」という立ち位置はとてもしっくりきますね(笑)

2016年公開の『母と暮せば』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞するなど演技力に定評がある二宮さんが劇中で木村さんとどのように演技のぶつけ合いをしていくのかとても楽しみですね!

映画『検察側の罪人』の登場人物とキャスト一覧【その他の登場人物】

橘沙穂役は吉高由里子

沖野の担当事務官、橘沙穂役には吉高由里子さん。率直な発言で周囲を驚かせる一方で、誰にも言えない秘密を持っているという難しい女性を演じます。

吉高さんはドラマやCMなどに多く出演し、2014年の朝の連続テレビ小説『花子とアン』では主演を務めていらっしゃいました。

諏訪部利成役は松重豊

「用意できないものは無い」とまで言い張る闇のブローカー、諏訪部利成を演じるのは松重豊さん。最上の捜査に有利となる証拠を集めるために影で暗躍するという役です。

松重さんも第二期のドラマ版から『HERO』に出演し、木村さんと共演していましたね。『孤独のグルメ』シリーズなど、最近はどちらかというと良い人の役が多かった印象ですが今作では社会の裏の顔をどのように演じていくのか楽しみです。

丹野和毅役は平岳大

最上の大学時代からの友人。義父である政界の大物議員の秘書を務め、収賄事件の参考人として取り調べを控えている丹野和毅を演じるのは平岳大さん。

平さんは15歳の時に単身渡米し、現地の学校に通うなどとても行動力に溢れている役者さんです。NHKのスペイン語を学ぶ語学番組にも出演していらっしゃいました。

弓岡嗣郎役は大倉孝二

劇中の老夫婦殺人事件の新たな参考人として浮上する弓岡四郎役は大倉孝二さん。

多くの作品でインパクトを残す大倉さんですがコミカルであったり少しひねくれていたりというクセのある役が多い中、今作では被疑者を演じます。

小田島誠司役は八嶋智人

国選弁護人として老夫婦殺人事件の被疑者である松倉を弁護する小田島誠司役には八嶋智人さん。八嶋さんも『HERO』シリーズで木村さんと共演なさっていましたね。明るいキャラクターで俳優以外にもバラエティ番組などでもご活躍です。

白川雄馬役は山崎努

小田島を後援する人権派の大物弁護士、白川雄馬役はベテラン俳優の山崎努さん。

山崎さんは2017年公開の映画『無限の住人』でも木村さんと共演なさっています。

その長きに渡るご活躍により2000年には紫綬褒章を、2007年には旭日小綬章を受賞してらっしゃいます。

千鳥役は音尾琢真

劇中の事件で殺された老夫婦の息子、千鳥役は音尾琢真さん。

音尾さんは大泉洋さんらが所属する「TEAM NACS」の一員で、自他ともに認める末っ子体質だそうです(笑)

前川直之役は大場泰正

木村拓哉さんが演じる最上、平岳大さんが演じる丹野と法学部時代に同じ学生寮で生活した旧友、前川直之を演じるのは大場泰正さん。

岡田准一さん主演で2017年にヒットした映画『関ヶ原』にも出演していらっしゃいました。

青戸公成役は谷田歩

老夫婦殺人事件の担当圭司、青戸公成役には谷田歩さん。

谷田さんは舞台を中心に活躍されていますが、近年は『下町ロケット』『アンナチュラル』といった話題のドラマにも出演されています。

松倉重生役は酒向芳(さこう よし)

老夫婦殺人事件の最初の被疑者であり、最上が担当した過去の未解決事件の重要参考人でもあった松倉重生を演じたのは酒向良さん。

酒向さんは1958年生まれの59歳で、舞台俳優として実績を積まれた俳優さんです。今作での怪演ぶりが話題になっていて今後ドラマや映画で目にする機会が増えそうです!

高島進役は矢島健一

平岳大さん演じる丹野が秘書を務める大物議員、高島進役には矢島健一さん。

朝の連続テレビ小説や大河ドラマ、映画などにも数多く出演するベテラン俳優さんです。

桜子役はキムラ緑子

最上が常連となっている割烹の女将、桜子役はキムラ緑子さん。

キムラさんも多くの作品でその活躍を目にしますね!近所のおばちゃんから貴婦人まで見事に演じ分けるカメレオン女優さんです。

運び屋の女役は芦名星

松重豊さん演じるブローカー諏訪部の指示で動く謎の女を演じるのは芦名星さん。

妖艶な雰囲気で闇社会に生きる女性を演じきっています。

最上奈々子役は山崎紘菜

木村拓哉さんが演じる最上の妻の連れ子で、最上との血縁関係はない娘・奈々子を演じるのは山崎紘菜さん。2016年の月9ドラマ『カインとアベル』で注目を浴びました。

まとめ 映画『検察側の罪人』の登場人物とキャスト一覧

映画『検察側の罪人』の登場人物とキャストをご紹介しました。

 

  1. 木村拓哉さんと二宮和也さんの共演
  2. 豪華なキャスト陣
  3. 重厚なストーリー

 

など見所が沢山ある映画ですね!

主演のお二人の演技バトルも見応えありそうです!

気になる方は是非劇場に足を運んでみてください!

 

感想やネタバレ。面白いか面白くないかはこちらです。

検察側の罪人は結末がわからないから面白くない?映画あらすじのネタバレと感想

検察側の罪人の原作小説の最後が難しい。ラスト結末の違いと感想