ドラゴンボールGT結末ネタバレ。最終回100年後の世界を解説

スポンサーリンク

ドラゴンボールGTの最終回ってどんなのだっけ?

なんか悟空の子孫みたいなキャラいなかったっけ?

今回はそんなファンたちのモヤモヤを晴らす記事です

この記事を読んだらわかること

 

  1. GTの最終回から100年後のストーリーでは孫悟空の子孫である悟空jrが主役
  2. パンは110歳のおばあちゃん
  3. ラストシーンでの悟空jrとベジータjrの戦いは決着不明だが、ベジータjrが勝ったと推測できる
スポンサーリンク


ドラゴンボールGT結末ネタバレ。最終回100年後の世界を解説

ドラゴンボールGTをさらりと紹介

ドラゴンボールGTはアニメオリジナルのシリーズで

ドラゴンボールZのアニメ放送が終了した後に放送が開始されました。

簡単に説明すると、本編最終話のその後を描いたストーリー。

ピラフ一味の陰謀で少年の姿になってしまった悟空を元に戻すため

宇宙に点在するドラゴンボールを探して旅する、原点回帰的な内容になっています。

旅のメンバーは悟空、パン、トランクスとメカのギル。

一行はお転婆で強気なパンに翻弄されながら着実にドラゴンボールを見つけていきます。

超17号や一星龍など魅力的な悪役が登場したほか

超サイヤ人4の悟空とベジータがかっこよく

終盤には最高に熱いゴジータ4へのフュージョンも見られました。

しかし特に評価されているのがOP、EDの選曲。

当時のJ-POPのトップランナーであった大物アーティストが多数参加し

OP曲の「DANDAN心魅かれてく」は現在でもアニメファンから愛される名曲です。

 

原作越え?感動的な最終回

最終回では悟空、クリリン、亀仙人の3人がカメハウスで顔を合わせます。

昔のように組手をする悟空とクリリン。

なんとクリリンが勝利!…かと思いきや

その瞬間悟空は消えてしまいます。

悟空は役目を終えた神龍と共にどこかへと消え去っていったのでした。

容姿も性格も昔と変わらない悟空と亀仙人を見てクリリンが

「俺だけ年食っちまったな…」と寂し気に呟くシーンは泣かせます。

【一覧表】ドラゴンボールGTの100年後の登場人物と各キャラクターのその後

キャラクター名 概要 その後
孫悟空jr パンの玄孫で弱虫 超サイヤ人に覚醒、天下一武道会でベジータjrと対決
ベジータjr ベジータの子孫で
性格はベジータに似ている
天下一武道会で超サイヤ人を披露し、悟空jrと対決
パック 孫悟空jrの友達 天下一武道会を観戦
パンばあちゃん GTから100年後のパン 天下一武道会を観戦

GTの時代から100年後のストーリーの主な登場人物はこの4人。

悟空家とベジータ家の交流は100年という長い時の中で絶たれてしまい、

両家がかつて深い友情で結ばれていたことを知る人物はパンのみとなっています。

もちろん悟空やベジータたちは100年経っても相変わらずあの世で

軽口をたたき合ったり組手をしたりしているところは容易に想像できますが。

 

100年後のドラゴンボール世界は、ファンとしては

あの世の方が圧倒的に楽しそうに見えますね。

最終回の100年後のあらすじ。結末ネタバレ

悟空が神龍と共にどこかへと消えてから100年。

地球は平和を取り戻しており、天下一武道会は変わらずに健在です。

悟空だけでなくベジータや亀仙人など主要人物たちは全員天寿を全うしており

もうこの世にはいません。

 

110歳になったパンはパンばあちゃんと呼ばれ、悟空の子孫である

孫悟空jrと2人で暮らしていました。

悟空jrは悟空の子孫でありながら運動音痴で弱虫、温厚さだけは受け継いでいるようですが

学校ではいじめられていました。

 

そんななか、パンが病気で倒れ緊急搬送されてしまいます。

パンばあちゃんを助けたいと願う悟空jr。

そこで、かつてパンから聞かされたドラゴンボール伝説の話を思い出した悟空jrは

孫悟空の旧家があるパオズ山へドラゴンボール探しの旅に出ます。

しかし旅に出て早々にずる賢い悪人に騙される悟空jr。

先が思いやられると思いきや

悟空jrをひそかに心配して先回りしていた学校のいじめっ子であるパックに助けられ

2人は一緒に旅に出ることに。

2人は様々な壁を乗り越え、ついに悟空の旧家で四星球を入手。

 

そこで悟空jrは悟空の幻と出会い、勇気づけられたことで

勇気というもう1つのお宝を手にするのでした。

なお残りの6つがないためパンを「ドラゴンボールで」救出することはできませんでしたが

結果的に治療の甲斐あって無事でした。

 

ここまでで一区切り、ここからが天下一武道会のエピソードです。

旅の最中、強敵との戦闘を経て超サイヤ人に覚醒していた悟空jrは

まじめに修行を続けたようで天下一武道会少年の部の決勝戦に進みます。

決勝の相手はベジータの子孫であるベジータjr。

ベジータjrはボロボロの100年前の悟空の道着を着用している悟空jrに対し

道着を馬鹿にする形で挑発。

それに悟空jrは「ちょっと古いだけ」と返し

まるでかつての悟空とベジータのような軽口をたたき合います。

互いに超サイヤ人に変身し、

トランクスと悟天の戦いを彷彿とさせる激戦を展開。

観客の「あっちの子が勝ったぞ!」というセリフで

物語が終了します。

GT最終回各キャラクターのその後

パンばあちゃんは100年後ストーリーの冒頭で急病により倒れてしまいますが

その回の終盤には無事が確認されました。

天下一武道会では客席にて観戦。

悟空jrが偉大なチャンピオンである悟空とミスターサタンの血を引いていることを

アナウンスで紹介され、驚く観客たちを見て自慢げに振る舞っていました。

 

パックは、かつてのいじめっ子の面影はなく旅のなかで

悟空jrの良き親友になります。

旅や修行を経て弱虫から勇気ある戦士に成長した悟空jrを客席から見て

感心する様子でした。

 

【考察】悟空jrとベジータjrはどっちが勝った?どっちが強い?

悟空jrとベジータjrは先ほども紹介した通り超サイヤ人状態で

激戦を展開します。

最後、観客は「あっちの子が勝ったぞ!」と叫びますが

そこでは客席のカットが使用されているため

どちらが勝ったのかはわかっていません。

ここで少し勝敗の考察をしましょう。

 

私はベジータjrが勝ったと考えています

ベジータと悟空は初対面ではベジータの方が強かったうえ

ブウ編のトランクスと悟天の試合もトランクスが勝ち。

ベジータ一族はサイヤ人の王族ですから才能の開花が早く、早熟なのです。

大人になってからどうなるのかは2人の努力にもよることでしょうが

少年期は王族のエリート遺伝子を受け付いたベジータjrに軍配であると推測します。

【結論】ドラゴンボールGT結末ネタバレ。最終回100年後の世界を解説

「GT 100年」の画像検索結果

  1. GTの最終回から100年後のストーリーでは孫悟空の子孫である悟空jrが主役
  2. パンは110歳のおばあちゃん
  3. ラストシーンでの悟空jrとベジータjrの戦いは決着不明だが、ベジータjrが勝ったと推測できる

 

ドラゴンボールGTはアニメオリジナルながら長年続いたドラゴンボールの物語を締めくくるシリーズです。

最後に悟空とベジータの子孫が戦って終わりというのはあの世界での物語が永劫続いていくということを感じさせます。なんだかアニメが観たくなりましたね。

以上、「ドラゴンボールGT結末ネタバレ。最終回100年後の世界を解説 」でした。

ご覧いただきありがとうございました!

 
ゆっこ
ゆっこ
【必見】ドラゴンボールのアニメや映画が無料で見放題!
↓↓知らない人は損しすぎてます…↓↓