累(かさね)映画の登場人物相関図とキャスト一覧。土屋太鳳と芳根京子

スポンサーリンク

土屋太鳳さんと芳根京子さんのW主演で繰り広げられる予測不能の嫉妬心ドロドロバトルが話題の映画「累 ーかさねー」が公開間近となっています。

原作は松浦だるまさんの漫画『累』(講談社「イブニングKC」刊)で、映画公開日の9月7日に合わせて最終巻となる第14巻が発売されます。

どちらかと言うと「爽やか」や「清純派」といったイメージのある土屋太鳳さんと芳根京子さんがどのような役柄を演じるのか?

今回は映画『累 ーかさねー』の登場人物とキャストを紹介していきます!

 

累の映画版あらすじと結末ネタバレ。原作との違い。芳根京子と土屋太鳳(ニナ)の演技の感想。面白いかつまらないか評価は

スポンサーリンク

映画『累 ーかさねー」の人物相関図

累(かさね)映画の登場人物相関図とキャスト一覧。

 

相関図はこのようになっています。

「顔を交換」「謎の口紅」といったワードがこの映画の鍵となります。

それぞれの人物とキャストを確認していきましょう!

累(かさね)映画の登場人物相関図とキャスト一覧。土屋太鳳と芳根京子

丹沢 ニナ(たんざわ にな)・・・土屋 太鳳

本作の主人公の一人、「美」の象徴となる丹沢ニナを演じるのは土屋太鳳さん。

ニナは美しい顔を持ちながらも、ある秘密のせいで女優として目が出ないため累と秘密の契約を交わすことになります。

土屋さんは「太鳳」という珍しい名前ですが、なんと本名であるようです。子供の性別を教えない病院で名付けに困っていた所、土屋太鳳さんのお母さんが「二月三日生まれ 太鳳」と紙に書く赤ん坊の夢を見たので太鳳という名前にしたという凄い由来をお持ちです!予定日は別の日だったのですが夢の通り二月三日に生まれたというのだから本当に驚きですね!

2015年のNHK連続テレビ小説『まれ』でヒロインを務め、人気女優の仲間入りを果たしました。その後は多くのドラマや映画に出演し活躍されています。

 

ドラマ『チアダン』の登場人物と相関図は?キャスト一覧まとめ!

【チアダン土屋太鳳の方言】福井弁がかわいいけどおかしい?まれ能登弁との違いは?

 

淵 累(ふち かさね)・・・芳根 京子

もう一人の主人公。ニナの「美」と対比される「醜」のシンボル、淵累を演じるのは芳根京子さん。伝説の女優を母に持ち、自身も天才的な演技力を備えているが容姿が醜いというコンプレックスを抱えています。

芳根京子さんも2016年の『べっぴんさん』でNHK連続テレビ小説のヒロインを務めており、土屋さんと「朝ドラヒロイン同士の共演」を果たしています。2018年の月9ドラマ『海月姫』でも主演を務めていました。芳根京子さん本人はとても綺麗な顔立ちをしていらっしゃるので、役だとはいえ「醜い」と紹介するのもなんだか変な気がしますね(笑)

累(かさね)映画の登場人物相関図とキャスト一覧。主要登場人物

淵 透世(ふち すけよ)・・・檀 れい

累の母であり、伝説の女優だった淵透世を演じるのはご自身も宝塚のトップスターだった檀れいさん。塗ってキスをすることでその相手の顔を一定時間奪い取れるという謎の口紅を形見として累に残します。この不思議な口紅が鍵となり映画『累 ーかさねー』の物語は進んでいく事になるのです。

檀れいさんは元宝塚歌劇団月組・星組のトップ娘役として大活躍なさっていました。宝塚を退団したあともその活躍ぶりは全く衰えることなく、2006年に公開された映画『武士の一分』では日本アカデミー賞優秀主演女優賞をはじめ数々の映画賞を受賞なさいました。

羽生田 釿互(はぶた きんご)・・・浅野 忠信

累の母、透世に世話になっていたという謎の男・羽生田釿互役には浅野忠信さん。

口紅の秘密を知る羽生田が土屋太鳳さん演じるニナと芳根京子さん演じる累を引き合わせます。

浅野忠信さんはマーベル・コミックの実写化プロジェクト「MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース」の中の『マイティー・ソー』シリーズにも出演するなど日本のみならず世界的にも活躍していらっしゃいます。

烏合 零太・・・横山 裕

ニナと累が共に想いを寄せる新進気鋭の舞台演出家・烏合零太を演じるのは関ジャニ∞の横山裕さん。この烏合をめぐるニナと累の欲望と嫉妬心が全開となったドロドロバトルも今作の楽しみの一つとなっています。

横山裕さんは関ジャニ∞の一員としての活躍はもちろん、現在放送中の月9ドラマ『絶対零度 ~未然犯罪潜入捜査~』など多くのドラマや映画にも出演なさっています。

累(かさね)映画の登場人物相関図とキャスト一覧。その他の登場人物

淵 峰世(ふち みねよ)・・・筒井 真理子

透世の死後、遺産目的で累を引き取るもその醜い容姿から彼女を疎んでいる累の叔母・峰世を演じるのは筒井真理子さん。2014年のNHK連続テレビ小説『花子とアン』で注目を集めました。また、2016年に公開された『淵に立つ』で浅野忠信さんと共演し、作品は第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞。筒井さんも国内で毎日映画コンクールやヨコハマ映画祭などで主演女優賞を受賞しました。

丹沢 紡美(たんざわ つぐみ)・・・生田 智子

娘の女優業を陰ながら応援するニナの母親、紡美役を演じるのは生田智子さん。

「ゴン」の愛称で知られるサッカー選手、中山雅史さんの奥様としても知られていますね。

雑誌モデル、女優として活躍しながら、『宮廷女官チャングムの誓い』ではヒロインの吹替を担当するなど多方面で活動していらっしゃいます。

富士原 佳雄(ふじはら よしお)・・・村井 國夫

累の母・透世や羽生田と旧知の仲である世界的な演出家、富士原佳雄役にはベテラン俳優の村井國夫さん。村井さんはドラマ、映画、舞台、声優、バラエティ、旅番組と本当に多方面で長く活躍されています。『インディ・ジョーンズ』シリーズや『スター・ウォーズ』シリーズではハリソン・フォードの声を吹替していました。

まとめ 累(かさね)映画の登場人物相関図とキャスト一覧

累(かさね)。原作漫画の結末ネタバレ。映画との違いの感想。面白いかつまらないか評価は
累(かさね)の原作漫画の結末ネタバレをします。 実写映画との違いの感想も紹介します。 面白いかつまらないか評価はどうなのでしょうか 累(かさね)。原作漫画の結末ネタバレ。映画との違いの感想。面白いかつまらないか評価は ...

累(かさね)映画の登場人物相関図とキャスト一覧を紹介しました

 

土屋太鳳さん・芳根京子さんという若手実力派女優がW主演として共演する事が話題の映画『累 ーかさねー』。

・お互いの顔が入れ替わるという、「一人二役」とも「二人一役」とも言える難しい設定を 彼女たちがどう演じるのか?

・そして、物語の結末はいったいどこに向かっていくのか?

 

など、とても気になるポイントの多い作品となっています!

 

以上が、「累(かさね)映画の登場人物相関図とキャスト一覧。土屋太鳳と芳根京子」でした。